気温

気温

西洋占星術では、四季図などのホロスコープを用いて天候や気温を予測します。
気象占星学で有名な占星術師ベンジャミンは、気温は四季図(春分図など)、降雨は位相図(新月図など)、風力は水星のサインイングレスに関連があると唱えました。

 

以下ではベンジャミン法に基づいた気温の予測法を解説します。
予測材料の優先順位は下記の通りです。

1.ICの星座、もしくは第4ハウスにある天体
2.ASCの星座、もしくは第1ハウスにある天体
3.太陽に対するオーブ5度以内のアスペクト(ソフト、ハードは問わない)
4.アンギュラーハウスにある天体(優先順位は4ハウス、1ハウス、10ハウス、7ハウスの順)

 

各星座、各天体の四季図における基本性質は次の通りです。

牡羊座

猛暑または極寒

牡牛座

適温、やや高温

双子座

低温、強風

蟹座

多湿

獅子座

高温

乙女座

低温、強風

天秤座

適温、強風

蠍座

猛暑または極寒

射手座

高温

山羊座

猛暑または極寒

水瓶座

適温、強風

魚座

多湿

 

マレフィック天体(火星、土星、天王星、海王星、冥王星)

激しい、猛暑、極寒

ベネフィック天体(太陽、月、水星、金星、木星)

穏やか、平年並み

 

気温の判定は基本的に春分図をベースにして夏至図や冬至図を見て判断します。
春分図と夏至図が高温を示せばその年の夏は暑く、春分図と冬至図が低温を示せばその年の冬は寒いと解釈します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top