2ハウスの支配星が入るハウス

2ハウスの支配星が入るハウス

西洋占星術のホロスコープにおいて、2ハウスの支配星が各ハウスに入るときに象徴する事柄を解説しています。

 

 

2ハウスの支配星が1ハウス(1室)に入る

自身の個性や独創性を活かしてお金を稼ぐでしょう。
勤め人より独立や自営の方が高収入を望むことができるでしょう。
経済力を身に付けることが自信につながるでしょう。
また、好きな物を収集することも自己の確立を促すでしょう。
所有欲や独占欲が強い傾向にあります。
所有物や金銭を失うことを耐えがたい苦痛として感じ、こだわりや執着も強いでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が2ハウス(2室)に入る

何かのためにお金を稼ぐのではなく、お金を稼ぐ行為自体が好きでしょう。
誰かに頼ることなく、自らの努力によって収入を得るでしょう。
現実主義なため、危ない橋を渡ることは少ないです。
財産を持つことにこだわりや執着心があります。
物を購入したり集めることが好きなので、所有物が多くなる傾向があります。
貯蓄にいそしむ一方で、買い物依存になりうる一面もあり、金銭を扱うことと深い関わりがあるでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が3ハウス(3室)に入る

どうすればお金を稼ぐことができるかを考え、効率的な仕組みを思いつくでしょう。
人前で喋ったり、物を書くことに強みがあり、その能力によって収入を得るでしょう。
また、通信、教育、旅行、運輸などの業界とも相性が良いです。
器用に働くことができるため、複数の収入源を持つ人も珍しくありません。
特別な技能を体得することができるでしょう。
一風変わった感覚を持ち、持論は曲げないため、他者と折り合わないことがあるでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が4ハウス(4室)に入る

マイホームの取得や家族が安心して暮らすために、惜しみなくお金を使うでしょう。
十分な貯蓄や収入が確保できないと不安になる傾向があります。
無駄な消費はせず倹約家である人が多いです。
在宅で働く人も多いでしょう。
また、親から金銭援助を受けたり、不動産を引き継いで不労所得があったりするでしょう。
晩年の金運に恵まれるでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が5ハウス(5室)に入る

趣味や遊びなどに大金を投じ、またそれが仕事につながることが多いです。
特にスポーツを楽しむことや何かをコレクションすることが好きでしょう。
恋人からプレゼントをもらうことも多いでしょう。
子供の教育には熱心でお金をかける傾向があります。
投資や投機にも積極的で、資産形成に励むでしょう。
また、芸術的な才能に恵まれている人も多いでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が6ハウス(6室)に入る

休みなく一生懸命働いてお金を稼ぐでしょう。
日々の仕事を着実にこなす生活に安心感を覚えるでしょう。
経済観念がしっかりしており、社会生活でも私生活でも金銭の管理は完璧でしょう。
経理などのお金を扱う仕事に向いています。
目下の人や外国人、ペットなどが金運を上げるきっかけとなります。
健康や医療に対してお金を惜しみません。

 

 

2ハウスの支配星が7ハウス(7室)に入る

結婚や他人との共同事業によって生活が豊かになるでしょう。
女性は結婚相手に経済力のある男性を選び、男性は結婚することで働く意欲が増加する女性を選ぶでしょう。
持ち前の社交性によってビジネスネットワークを築くでしょう。
優れた芸術的センスが成功を後押しします。
配偶者を自分のものだと考えるところがあります。
他の誰かに目移りすることなく、配偶者とこれからもずっと一緒にいたいと願うでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が8ハウス(8室)に入る

他人との関わりによって金銭がもたらされるでしょう。
接客業、販売業、水商売など人と接する仕事に適性があります。
遺産相続や結婚によっても生活が豊かになるでしょう。
霊やオカルト、医学関連などが金運を上げるきっかけとなります。
経済事情は安定しにくく大きく変動しやすいです。
他人に対するお金の貸し借りなどもあるでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が9ハウス(9室)に入る

教養を深めるためには惜しみなくお金を使うでしょう。
特に学業や海外旅行などにお金をかける傾向があります。
それらの経験は大きな財産となり、後の人生に生かされるでしょう。
教育、出版、法律、外国、翻訳、宗教などの分野と相性が良いでしょう。
楽観的な経済観念を持っています。
いつか大金持ちになれるだろうと思っている人もいるでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が10ハウス(10室)に入る

社会的に有名になることでお金を稼ぐでしょう。
所属する組織や肩書などを重要視し、自分イコール組織だと感じる一面もあります。
また、独立や起業することにも大いに向いています。
野心を秘め、虎視眈々と仕事に取り組むことで成功するでしょう。
親から援助を受けることもあります。
社会的地位を維持し続けることにこだわりや執着があるでしょう。

 

 

2ハウスの支配星が11ハウス(11室)に入る

友人関係から仕事を受けたり、また交友のためにお金を使う機会が多いでしょう。
サークルやグループなどに所属することで金運が上がります。
友人と共同事業をすることもあるでしょう。
趣味や好きなことでもお金を稼ぐことができるでしょう。
将来に備えて、貯蓄に励んだり、思い切って自分への投資をすることがあるでしょう。
悲観的になると浪費してしまう傾向があります。

 

 

2ハウスの支配星が12ハウス(12室)に入る

見返りなく一方的にお金を何かに投じる傾向があります。
心寄せる相手にプレゼントをしたり、慈善団体に寄付したり、宗教でお布施をしたりするでしょう。
また、お金を隠す習性もあるため、ヘソクリなどをする人もいるでしょう。
時には脱税など違法なことをする人もいるでしょう。
経済的な不安を感じやすいところもあります。
医療、奉仕、公共、神秘学などの分野と相性が良いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top