水星のハウス

水星のハウス

水星が西洋占星術のホロスコープの各ハウスで象徴する事柄を解説しています。

 

 

1ハウス(1室)の水星

頭脳明晰で知性に優れ、知識欲も旺盛です。
習い事や勉強が好きで、資格取得にも熱心でしょう。
誰にでも気軽に話しかけたり、ひとまず行動してみるフットワークの軽さがあります。
年を取っても若々しく、やや落ち着きに欠ける側面もあります。
神経が過敏なところがあり、批判的な精神も持っています。
研究開発などの頭脳をいかせる専門職に適性があります。
現実主義な人は、商業面で結果を出すことができるでしょう。
ハードアスペクトがあると、詭弁が多くなり、周囲から信頼を得ることが難しくなるかもしれません。

 

 

2ハウス(2室)の水星

持ち前の頭脳で金銭を得るでしょう。
素早く正確な判断をすることができます。
利益を生み出す仕組みを作り出すことに生きがいを感じるでしょう。
勉強や旅行など、自分の知性を磨くためにお金を使います。
商業や産業と関わる組織と相性がよく、金融機関や経理などの直接お金を扱う職業にも適性があります。
副業として、講師やライターをして活躍する人もいます。
ハードアスペクトがあると、知識が広く浅くなりがちで、騙したり騙されたりすることがあります。

 

 

3ハウス(3室)の水星

優れた頭脳をもち、知的好奇心が旺盛で、精神活動も活発です。
特に最先端の知識を吸収することが好きでしょう。
頭の回転が速く多才で、中でも言葉や文章を扱うことに強みがあります。
机上の理論や知識を実際の業務として形にすることが得意です。
知的な遊びやゲームを楽しみ、手先が器用なので細かい作業も楽にこなすでしょう。
兄弟や親戚、近所の人とは、あたりさわりなく付き合うことができます。
ハードアスペクトがあると、精神的な疲労が神経疾患を引き起こしかねません。

 

 

4ハウス(4室)の水星

商業的な才能や財産を管理する能力に恵まれています。
物を仕入れたり販売する仕事や、不動産を扱う仕事に向いているでしょう。
家庭内や在宅でできる頭脳労働にも縁があります。
人生において引っ越す機会は多いでしょう。
情緒が安定しており、子供時代は知的な会話がかわされていた家庭環境で育つ傾向があります。
親とは良い距離感を保って付き合うことができるでしょう。
ハードアスペクトがあると、希望の職業が見つからないことで家庭内にストレスを持ちこみやすいです。

 

 

5ハウス(5室)の水星

カードゲームなどの頭脳を使う遊びを好み、精神的な充足感を重視します。
華やかな場所で知的な会話を楽しみ、恋愛にも知性を望むでしょう。
恋愛では一度のめりこんだら周囲のことが目に入らなくなるところがあります。
子供と触れ合うことも好きです。
聡明で賢い子供に恵まれやすいですが、悩みの種となることもあります。
小説や物語を書くなどの創作活動も得意でしょう。
投機やギャンブルは損失を出しやすいです。
ハードアスペクトがあると、趣味や投機、恋愛、子育てに関しての知識が広く浅くなりがちです。

 

 

6ハウス(6室)の水星

頭脳を使う知的な職業に適性があります。
分析力に優れ、緻密さが要求される職種で能力を存分に発揮することができるでしょう。
研究開発などの専門職はもちろん、経理や文書作成、秘書などにも向いています。
対談や交渉能力に優れているため、人と接する仕事でも強みを生かすことができるでしょう。
仕事上の変化が多く、出張や転勤、転職は多い傾向にあります。
完璧主義なところがあり、ストレスを人より感じやすい一面があります。
健康管理に対する意識が高く、情報収集は欠かしません。
ハードアスペクトがあると、仕事の意義が分からなくなったり、部下や後輩から迷惑をかけられることがあります。
また身体面では、ストレスから神経や呼吸器、腸などの病気にかかりやすいでしょう。

 

 

7ハウス(7室)の水星

他人と知的な交流を持つことが得意です。
表面上ではなく精神的に関わることができます。
理性的で他者の立場に立って物事を考えることができます。
結婚相手としては知的で話術が巧みな人物に惹かれるでしょう。
相手が知的ではない場合は心が冷めてしまいがちです。
ソフトアスペクトがあれば、著名な知識人や文化人、財界人とビジネスをする機会があるでしょう。
ハードアスペクトがあれば、教育面や道徳面で迷うことが多いです。
また、結婚相手を見極めることができず、離婚する傾向もあります。

 

 

8ハウス(8室)の水星

未知に対する知的好奇心が旺盛で、何かについて考え出すと止まらないところがあります。
直観力に優れており、他人の深層心理を見抜く力があります。
スピリチュアルやオカルトの分野にも関心があるでしょう。
遺産運は不安定で、それほど多くはないでしょう。
健康面では、呼吸器や神経が弱い傾向にあります。
旅行時や外出時の事故にも注意が必要です。
ソフトアスペクトがあれば、研究の分野で能力を発揮し、金銭を得るでしょう。
ハードアスペクトがあれば、結婚後に小さなお金の問題が発生したり、遺産相続でトラブルに巻き込まれたりするでしょう。

 

 

9ハウス(9室)の水星

哲学的や抽象的な考え方をすることが得意です。
持っている豊富な知識をさまざまなものに応用できる力があります。
知識人となる素質があり、仕事は頭脳労働に適性があります。
講師をしたり執筆したりできるほどの学識があるでしょう。
勉強は好きですが、興味が多いため、一つのことが長続きしない傾向があります。
外国語の習得が得意で、留学や海外勤務を経験することがあります。
ソフトアスペクトがあれば、出版業界や文学業界などで成功するでしょう。
ハードアスペクトがあると、人生の意味を見つけることに時間がかかるでしょう。

 

 

10ハウス(10室)の水星

組織において知識を実務化する能力に長けており、成功や出世を期待することができます。
自分自身に対する研究も欠かしません。
優秀で器用なため、どんな仕事でもこなすことができ、一方で転職が多くなりがちです。
二束のわらじを履いて、収入源を複数確保する人もいます。
出張や転勤、転職など、仕事上の移動や変化が多い傾向にあります。
旅行をする機会も多いでしょう。
ソフトアスペクトがあれば、ITや流通の分野で素晴らしい業績を残すことができるでしょう。
ハードアスペクトがあれば、器用貧乏で一つのことを極められない傾向があります。

 

 

11ハウス(11室)の水星

感情に左右されない精神的なつながりを重視した友人関係を築くでしょう。
知的なグループに所属し、仲間と知識を共有したり興味を分かち合います。
同年代や年下の人と親しくなりやすいです。
インターネット上で人々と交流することも得意です。
確固たる自分の意見があり、組織に基づいた物の見方ができるので、組織内でリーダーとして期待されることが多いです。
さまざまな分野に興味があるため、副業を持つことが少なくありません。
ソフトアスペクトがあれば、交友関係のおかげで仕事面で助けられたり、自身のスキルが向上したりします。
ハードアスペクトがあれば、いざというときには友人はあてにならないことが多いです。

 

 

12ハウス(12室)の水星

知性は隠されたものや神秘的なものから刺激を受けます。
知的な劣等感を抱くことがありますが、潜在的な知性や精神性には優れています。
自罰傾向があり、心に葛藤を抱えやすいです。
神経が繊細で、学校や職場には静かで集中できる環境を望むでしょう。
大勢の人がいる環境では集中力が続かず、周囲から遅れてしまうことがあります。
世の中の流れには人一倍敏感で、時代を反映した芸術作品を創作することもあります。
ソフトアスペクトがあれば、霊感に優れ、理論を超えたパフォーマンスを発揮することができます。
ハードアスペクトがあれば、神経面やコミュニケーション面に問題を抱えやすく、人から陰口を言われやすいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top