11ハウスの支配星が入るハウス

11ハウスの支配星が入るハウス

西洋占星術のホロスコープにおいて、11ハウスの支配星が各ハウスに入るときに象徴する事柄を解説しています。

 

 

11ハウスの支配星が1ハウス(1室)に入る

子供時代の人格形成において、友人から大きな影響を受けるでしょう。
特定の人を贔屓しない平等で客観的な視点を持つ人が多いです。
個性的でアクティブな友人に恵まれ、友情を大切にするでしょう。
サークルやグループに所属し、積極的に活動に取り組むでしょう。
仲間と物や思い出を共有して人生を楽しむでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が2ハウス(2室)に入る

友人付き合いを大切にし、グループ活動などに参加することで金運が向上するでしょう。
フリーランスとして働いたり、本業とは別に副業を持つ人が多いです。
友人との共同事業や公共事業にお金を投じる人もいます。
人生の目標は、経済的に安定することでしょう。
将来に備えて、しっかり金銭管理をするでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が3ハウス(3室)に入る

手紙やインターネット等を使い、活発に友人と交流するでしょう。
兄弟姉妹を通じて友人ができたり、幼馴染が友人になることがあるでしょう。
自分とは異なる価値観を持つ人と多く接して、視野を広げるでしょう。
基本的に器用で、大抵のことは難なくできるでしょう。
人生の目標は、知識を身に付けること、旅行を楽しむことなどでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が4ハウス(4室)に入る

特定の友人と長く付き合っていくでしょう。
友人を家に招いて、家族のように親しく接するでしょう。
また家族に対しては、友人のようにフラットに接するでしょう。
地元に友人が多く愛着があるため、地元を離れられない人もいます。
人生の目標は、家族を大切にしマイホームを手に入れることでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が5ハウス(5室)に入る

友人とともにスポーツや趣味を楽しむでしょう。
友人が恋人になったり、友人の紹介で恋人と出会ったりするでしょう。
サークルやグループ活動に所属し、大勢の仲間たちと喜びや感動を共有するでしょう。
演劇や音楽活動などに傾倒する人も少なくありません。
人生の目標は、自分の可能性を試し冒険的に生きることでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が6ハウス(6室)に入る

友人によって仕事を得たり、また職場で多くの友人ができるでしょう。
年下や外国人の友人ができることもあります。
社会貢献したいという思いが強いため、公務員やNPO法人など公共性の高い仕事に関わる人が多いでしょう。
インターネットやコンピューター関連の仕事にも適性があります。
仕事によって神経をすり減らして健康を損ねかねないので注意しましょう。

 

 

11ハウスの支配星が7ハウス(7室)に入る

友人との関係を非常に大切にするでしょう。
友人が結婚や仕事の大切なパートナーになることが多いです。
また、友人やグループ活動を通じて結婚相手と出会うこともあるでしょう。
配偶者とはお互いの自由を尊重した平等な関係を築くでしょう。
対人関係では、相手の属する世界を選ばず幅広く付き合うでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が8ハウス(8室)に入る

同じ志を持つ仲間たちと非常に密な関係を築くでしょう。
友人から大きな影響を受け、友人の死によって人生観が大きく変わることもあります。
友人から贈り物をもらう機会が多いでしょう。
また反対に、友人の借金を背負わされることなどもあります。
サークルやグループの友人と交際することがあるでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が9ハウス(9室)に入る

さまざまな視点を取り入れるために、多くの人の意見に耳を傾け、友人との議論を楽しむでしょう。
外国人の友人に恵まれたり、旅先で友人ができることがあるでしょう。
基本的に個人の自由を尊重するでしょう。
何かの研究や精神世界に関わることが多いでしょう。
人生の目標は、知性や国際的な感覚を身に付けることでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が10ハウス(10室)に入る

付き合ってメリットがある人と友人になることが多いでしょう。
サークルやグループ活動の取り組みが、仕事や社会的な立場にプラスとなるでしょう。
社会の構造を変えるような革新的な仕事に携わる人が多いでしょう。
インターネット関連、広告業界、コンサルティング業界などに適性があります。
会社勤めの人では、労働組合の活動に携わる人もいるでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が11ハウス(11室)に入る

友情を非常に大切にし、多くの友人に恵まれるでしょう。
人生の目標を友人が後押ししてくれるでしょう。
寝食を忘れるほどサークルやグループ活動に熱心に取り組むことがあるでしょう。
個人の自由を重視しすぎて、社会生活におけるバランスが悪くなることがあります。
平等な社会を目指しますが、その思いが強すぎて、時として他人に押し付けてしまうことがあるでしょう。

 

 

11ハウスの支配星が12ハウス(12室)に入る

友人だった人がある日突然敵になったりと、友人関係のトラブルが暗示されます。
大勢の人といるより、一人でいる方がリラックスできるでしょう。
インターネットやSNS上など、顔の見えない世界で多くの友人ができるでしょう。
友人の性別や年齢、属する社会などは一切気にしないでしょう。
人生の目標は、人を癒したり、困っている人を助けることでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top