水星のアスペクト

水星のアスペクト

西洋占星術のホロスコープにおいて、水星が作るアスペクトについて解説しています。

 

水星と太陽のアスペクト

 

水星と月のアスペクト

 

水星と水星のアスペクト

 

水星と金星のアスペクト

 

 

水星は知性や思考力、コミュニケーション力などを象徴するため、他の惑星とのアスペクトを見ることで、その人の思考やコミュニケーションの特性などが分かります。

 

才能を発揮しやすい分野、社会的に評価を得られやすい分野なども分かるでしょう。
職業の適性を見る上でも非常に大切になります。

 

コミュニケーションの特性から、周囲の人間関係、人付き合いの仕方なども推測することができます。
自身のコミュニケーションの短所・長所を心得れば、トラブルなく人付き合いができるようになるでしょう。

 

情報収集の在り方なども示しています。
アスペクトを見ることで、どこに着眼点を置いて情報を収集するのか、また一度に処理できる情報量などが分かります。
また、水星は神経や知覚なども意味するため、アスペクトによっては健康状態を示すこともあります。

 

 

水星は太陽から最も近い軌道を公転する惑星で、約88日で一周します。
地球からの観測(ホロスコープ上)では、太陽から最大28度しか離れません。

 

水星の年齢域は7〜15歳です。
この時期は小学校・中学校の義務教育が該当し、将来社会に適応するために、学校という場で訓練を受けることを表しています。
月の年齢域(0〜7歳)では母親から影響を受け基礎的な人格を形成することに対して、水星の年齢域では勉強や言語能力など社会で生きていくために必要な基礎能力を養います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top