セレスのハウス

セレスのハウス

セレスが各ハウスで象徴する事柄を解説しています。

 

1ハウス(1室)のセレス

対人関係において、共感的、養育的といった形で性格が表れます。
自分の役割は親であると考えていることが多いですが、時には自分自身を育てる必要があります。

 

2ハウス(2室)のセレス

愛する人のために、金銭、家、食物などを与えることで育てたいと考えます。
愛する人に対して執拗な愛着を持っているため、別れる際には葛藤に悩まされるかもしれません。
自分を愛そうとする時は、物を買い、欲望を満たし、自分を甘やかす形になるでしょう。

 

3ハウス(3室)のセレス

さまざまな考えを教えること、アイデアを与えることなどを通して人を育てます。
友人や仲間などの人間関係に表れます。

 

4ハウス(4室)のセレス

家庭における理想的な母親像を象徴しており、親としての役割が人生の基盤になります。
家に入ってくる人の損失や受容、排除などの課題を精神的なつながりとして共有します。

 

5ハウス(5室)のセレス

子供や創造的な芸術などに深く傾倒することを表しています。

 

6ハウス(6室)のセレス

家族を養うために勤労に励み、労働倫理に価値観を持っています。
養育面や健康面において有益になるでしょう。

 

7ハウス(7室)のセレス

自ら育てたり、また配偶者によって育てられ、守りたいという要求を持っています。
ですので、配偶者との依存的な関係から抜け出す時には困難が伴うでしょう。
絶対的な愛によって平和主義を実現することもあります。

 

8ハウス(8室)のセレス

性の絶頂や激しい感情的な没入を通して育てられることを表しています。
セクシャリティーは大きな意味を持っています。
ホスピスのような環境の中で瀕死の人を救うこともあります。

 

9ハウス(9室)のセレス

知識、真実、自由、旅行などへの追求を通して、自分自身または他人を育てます。
人間の欲求への供給といった哲学的な思想が発展することもあります。

 

10ハウス(10室)のセレス

職業や社会的使命などを通して、人々の世話をし、社会貢献したいという考えを持っています。
子供時代に愛情を与えられて育てられますが、親や社会の期待に応えられなかった時は拒絶されたように感じます。

 

11ハウス(11室)のセレス

成長させたいという考えが家族や地域のグループなどに広まっていきます。
人道主義的なビジョンを持つこともあります。
友情を通して母性を示すこともあります。

 

12ハウス(12室)のセレス

親としての責任や、人の苦しみに対して共感することを表しています。
自分自身の苦しみを癒すには、助けを求めている人に援助をするとよいでしょう。
愛を通してより高い現実につながっていくことができます。