キロンのアスペクト

キロンのアスペクト

キロンのアスペクトは自分自身が持つコンプレックスを示しています。
キロンが他の惑星とアスペクトしていれば、それはその惑星が傷ついていることを意味します。
この傷を乗り越えた時に、自身の中で新しい可能性となって輝くでしょう。

 

アスペクトはソフトアスペクト、ハードアスペクト、コンジャンクション(合)で大きな違いはないとされています。

 

キロンと太陽

太陽が司るアイデンティティに傷がついていることを示しています。
自身の弱さを自覚していることが多く、そのためスピリチュアルや哲学、占いなどの分野に関心を持つ場合があります。
自分をカリスマ的な大きな存在として作り上げたり、またカリスマ的な人物に追随することでアイデンティティを形成しようとします。
他人に付け込まれないよう気をつけましょう。
この傷を乗り越えれば、他者の痛みに敏感な優しい人間になることができるでしょう。

 

キロンと月

月が示す母親像に傷がついていることを示しています。
幼い頃に得られなかった母親の愛情を得るために幼稚な行動をとったり、他人から愛されるようなパーソナリティを作り上げたり、逆に自身が母親の役割を過度に果たしたり、母親的なものに救いを求めたり、といったことがあります。

 

キロンと水星

水星が示す知性や言語に関して傷がついていることを示しています。
知的能力にコンプレックスを感じていたり、自分の思考を言葉で伝えることに困難を抱えていたり、逆に論理的能力が非常に発達していたりすることが多いです。
キロンは英知という意味もあるので、学業の成績がたとえ良くなくても深い知恵を持っている可能性があります。
コミュニケーション能力を発達させれば、より大きな可能性が開けるでしょう。

 

キロンと金星

金星が示すエロスすなわち人間関係を構築する能力に傷がついていることを示しています。
また、鋭敏な美的センスを持っていることも意味しています。
容姿にコンプレックスを持っていたり、自分は魅力が足りない人間だと思うことがあります。
女性で姉妹がいる場合は、その姉妹との関係が問題となっていることもあります。
人を愛する勇気を持つことでこれらの傷を癒すことができるでしょう。

 

キロンと火星

火星が示す決断力や男性性に傷がついていることを示しています。
自分の怒りに向きあうことに臆病になったり、逆に男性的な部分を過度に強調したりします。
女性の場合は、カリスマ性のある人物に精神的に傾倒することがあります。
自分自身を等身大で捉えることでこれらのコンプレックスを解消し、人々の精神的なリーダーになることができるでしょう。

 

キロンと木星

キロンは木星と近い意味を持っており、それは精神世界でのリーダーという意味です。
このアスペクトを持っている人は、精神世界でのリーダーとして活躍する人が多いです。
誰かに教えたり、導いたりすることに優れた才能を発揮します。
しかしその反面、何かに熱狂的になったり狂信的になったりすることもあるので注意しましょう。

 

キロンと土星

土星が示すルールや規範に傷がついていることを示しています。
そのため、批判精神の強い人格になることが多いです。
さらに、このアスペクトに太陽やMC、ICが絡む時は父親との関係にトラウマがあったり、社会的地位や権力にコンプレックスを持っていることを示しています。
これらのコンプレックスを適切な方法で乗り越えることができれば、自分自身を熟知した素晴らしい人物になることができるでしょう。

 

キロンと天王星

天王星が示す自由への衝動性に傷がついていることを示しています。
自由への衝動が非常に強い、もしくは抑圧されていることを表しています。
自由を追い求める一方で、自分で全て決断しなければならないという責任にも怯えています。
この傷を昇華することができれば、精神的により高みに上ることができます。
占星学に対するセンスも意味しており、優れた占星学者に共通するアスペクトでもあります。

 

キロンと海王星

海王星が示す犠牲とキロンが示す傷が一つになっていることを示しています。
自分の不幸をアピールすることでアイデンティティを主張したり、マゾヒスティックに自己犠牲に没頭することがあります。
自分と他者との境界線が曖昧になっていることが心理的ベースにあります。
これが良い形で表れると差別などを憎む正義の人間となるでしょう。

 

キロンと冥王星

冥王星の示す死や性に関してトラウマを持っていることを示しています。
冥王星もキロンも動きが遅いので、このアスペクトは世代に共通して見られ、その頃に生まれた人全てに共通する具体的な事柄はないかもしれません。
ただ、このアスペクトが太陽、月、ASC、MCなどに絡むと大きな影響が出ます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加